面接と自己PRで重要なこと(個人的予想)

就活で一番怖いもの。ずばり面接です。
小さい頃から人の目を見るのが苦手で、初対面の人になるとどうしても挙動不信になってしまうんですよね。どうすれば良いものか。
誰でも緊張はするから、面接官も多少は考慮してくれると思うんですけど、肝心な時に頭が真っ白になって伝えたいことが伝わらなかったら終わりですからね。

本人がリラックスしているほど、人は親しみやすさを感じやすいので、面接でリラックスするって大事だと思うんですよ。リラックスしてる時ほど、アイデアが浮かんだりいつも以上の力を発揮できたりするって聞くので、場合によっては面接で機転を利かせることも可能なんじゃないかな~と。

このサイト〔http://blog.livedoor.jp/jobschool/archives/41484714.html〕にある””緊張していることを口に出してしまう””って良さそうですね。自分で認めてしまえば、無駄に気を張る必要もなくなるし。就活本番までに自分に最適なリラックス法を見つけとこう。

面接の中でも重要視されるのは自己PRですよね。「内定もらえる面接のコツ!」とか「採用したくなる自己PR」とか色んな書籍・情報がありますけど、世に出回ってる時点でもう周囲との差はつかないような気がするんですよね。

もし、周囲と差別化することを武器にしたいなら、自分のアピールサイトを作って話題になった「世界一即戦力な男」〔http://www.sokusenryoku.me/〕の人くらい独自路線でいかないと、そう注目はされないような気がします。一見ふざけているように見えますが、誰もやったことがないことをやるって簡単なことじゃないですよね。とてもこんな勇気ないです。

一番大事なのは、採用企業が求めている人材をリサーチすることじゃないかなと思ってます。(あくまで予想で喋ってますが…)
自分の特性にマッチした企業を見つけて、できるだけ自然体で好印象を与えながらアピールすればきっと「この人会社に合いそうだな」と面接官に感じてもらえるかと。

就職は縁だといいますからね。良く見せすぎて自分に釣り合わない会社に就いても後々苦労するだけなので、自然体で気を張らずに面接に挑むつもりです。